忍者ブログ
連絡や、その他諸々用です。
Admin | Write
DX3のDVDが発売されていたので購入して、先ほど見ました。
今回は小説版→アニメコミック版(これは参考資料としてすごく便利です)→DVDという順序で見たのでストーリーは大体分かっていたのですが、実際に映像を見ていると細かいところで色々思うところがありました。

以下、箇条書きで。ネタバレなので未鑑賞の方はご注意を。


・ブラックの「あっちそっちこっち!」の後、吹き飛ばされているブルームの動きが可愛い

・ルージュはキャラクター的にはブルーチームだったような気がする
 ……でも、ルージュとミント・アクアをトレードするとイエローチームに常識人がいなくなってもっと訳のわからないことになったような気もします。

・ブルーチーム怖い
 他のチームの脱出手段が、
 ・レッドチーム:空の出口を目指す
 ・イエローチーム:すごろくのゴールを目指す
 であった中、ブルーチームは「魔女の水晶を狙う」だったので、ひたすら個人攻撃をしかけることになっていました。こんな人たち相手にするの嫌だろうなあと魔女に少し同情しました。

・降ってきた妖精たちはどこへ?
 戦いの前に世界がめちゃくちゃにつながって降ってきた妖精たちはどこにいったんでしょう。ミニッツやアワーズ達は一般客のそば(?)にいたみたいですが、あれだけたくさんいた妖精たちはどこへ。

・シャドウ様……
 今年の1月ごろDX3にシャドウが出るらしいということを知って、ちょうどその頃ダークアクアのSSを連載していたこともあって「もしかしたらシャドウとダークプリキュア5が再び出会うSSを書けるかも」……なんて思っていたのですが、シャドウ様がとてもお茶目なキャラクターになっていたのでダークドリームたちが「こんなのシャドウ様じゃない」と思っているところしか思いつかなくなってしまいました。元々ピンキーを数え忘れるうっかりさんでしたが。

・ミラクルライトの振りどころ
 プリキュアが最後の変身をするシーンでミラクルライトを振るのはいいとして、妖精たちとシャドウのバトルシーンでもミラクルライトは振られていたのでしょうか。映画館によって違うんでしょうね。

・ブッキー慰めてる場合じゃない
 プリズムフラワーの力を使い果たしたら妖精たちと会えなくなるということがみんなに分かった場面でブッキーを慰めているこまちを見て「いや、あなたはブッキーを慰めている場合じゃなくて……」と思っていたら、スタッフロールのみんなが泣いているシーンのこまちの泣き方がかなりまずそうだったので、ああもう無理するからと思いました。

・今回の裏主役は5組
 DXシリーズは前年のキャラクター+その年のキャラクターが活躍しますが(例:DX1での5組とフレッシュ組)、それとは別にDX1ではMH組を目立たせ(飛行機ウザイナーのシーンはやっぱり格好いいです)DX2ではS☆S組を目立たせる(S☆Sはダークフォールまで含めてS☆Sです)構成になっていたと思います。ということでDX3では5組が目立つに違いないと思っていたら、本当に要所要所で目立っていて驚きました。

・満と薫
 満と薫のこれまでの経緯を追うと、
 ・チクタク危機一髪:出番なし
 ・DX1:ダンスコンテストの観客(セリフなし)
 ・DX2:みのりと一緒に遊園地へ(セリフあり、ミラクルライトの説明役?)
 だったのでDX3では更にすごいことになっているのではないかと密かに期待していたのですが、映画公開当時に教えてもらった通りセリフがないことを確認しました。残念です。小説版ではセリフがあったので、喋っていたと脳内補完しておきます。

・精霊たちがかわいい
 ED場面でS☆Sはフラッピチョッピがやってくる場面とムープとフープがフラッピに怒られる場面でした。精霊たちはやっぱり可愛いですね。


・健太と志穂
 たまたま近くにいただけだと思うんですが、友達に見えました。なんでだろう……
PR
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Designed by